うつ病症状ににんにく卵黄が効く?!意外な効能の真相

2872ed014b2ce27937551a18e24481a7_s

にんにく卵黄がうつ病に効果的という事実はご存知でしょうか。

滋養強壮美容におけるにんにく卵黄の効果は多くの方に知られていますが、うつ病への効能に関してはあまりイメージがないかもしれません。

いつの間にかストレス社会になってしまった日本において「うつ病患者」は増えています。

特に勤勉な日本人は何かと真面目で、困難な仕事や人間関係によるストレスで体調を崩しやすく、自律神経が乱れやすくなるのです。

周りは言うでしょう! 「ストレス発散で趣味に没頭しなさい!」「しっかり食べなさい」「たくさん寝なさい」などと。

本人からすればどれもわかりきっている事です。 それでも困難で厄介なのがうつ病なのです。

こちらのページでは、そんなうつ病症状になぜにんにく卵黄が効果的なのか、その理由をご説明していきます。

にんにく卵黄の効果の前に、そもそもうつ病ってどんな症状!?

ec4d751079f2e3815883c521e59d16e9_s

あんなに明るかった人が、急に引きこもり気味になって、人と会おうとしなくなった。

疲れているのになかなか眠れない、食欲がない、なにかをやろうという気持ちがない。

人によって個人差はありますが、様々な症状を引き起こして生活することすら困難にしてしまう、いわば心の病気と言って良いでしょう。

心療内科などで処方される抗鬱剤や睡眠薬、安定剤などは、眠気などの副作用が出るなどして苦痛に感じる人もいます

心療内科での診断

鬱病を発する時、はじめは何事にも否定的に捉えて、引きこもりがちになる人も少なくありません。

特に繊細な気持ちの優しい人に発症してしまう、まさに理不尽な疾患と言えるでしょう。

心療内科などで診断、治療などを要しますが、一度なってしまうと、医師から、完治したとは言われない事が殆どです。

環境の変化などで再発を繰り返すという特徴を持つ病気でもあります。

そうなれば、家族など、周囲の人間は患者に生活パターンを合わせたり、気持ちに添うような態度を心がけたりする必要があるでしょう。

鬱病は、まさに自分だけの問題ではなく、一緒に暮らす家族の問題でもあるのです。

また、定期的にカウンセリングを受ける事で、症状を緩和させる事も可能です。

にんにく卵黄の自律神経を整える効果

うつ病は仕事や人間関係のストレスの延長線上にありますが、中には女性ホルモンバランスの乱れから生じる場合もあるのです。

更年期障害を患う時期には、うつ病と同じような症状を発して、そのままうつ病に陥るケースも少なくありません

実はにんにく卵黄には自律神経を整える効果があり、それがうつ病対策にも好影響を及ぼします

実はにんにく卵黄は自律神経にも働きかける効果アリ!その秘密とは?

更年期障害とは?

更年期障害とは、女性が閉経を迎える前後5年位の時期に見られる、イライラや多汗、生理不順などの不快な症状をさします。

症状にも個人差があり、ほとんど感じずに閉経を迎える人もいれば、症状がよりエスカレートし、鬱病になってしまう女性もいるのです。

ホルモンの不安定さと自律神経のバランスの不安定さがもたらす、女性特有の症状です。

にんにく卵黄でホルモンバランスを整えましょう

子育て真最中、キャリアウーマンという立場の女性も多く、自分の塞ぎこみがちな現状と体の変化に葛藤する人も少なくないのです。

酷い人は、産科や婦人科などで漢方薬やホルモン剤投与などが行われますが、改善も緩やかだったり、ほとんど効果が期待できなかったりと個人差があるでしょう。

最近は、男性にも更年期障害があると話題になっていて、豊かな食生活や日本人特有の勤勉さで自律神経のバランスを乱してしまっているように感じます。

医学上、更年期障害=病気 という定義がないため、世間から理解を得にくいつらい症状となり、自分を追い込めてしまう負のスパイラルとなってしまうのが現状です。

更年期も自律神経の乱れが関係しているため、にんにく卵黄の効果が期待できます

にんにく卵黄を更年期障害緩和に利用しましょう

にんにくの効果

5087101315_b72550a018_z

にんにく卵黄は、にんにく特有成分であるアリシンとビタミンB1が結合して「アリチアミン」となります。

この物質こそ気持ちを明るくし、考え方を前向きにしてくれるでしょう。

また、ビタミンB6がやる気をおこす脳内物質、セロトニンを生成させるのです。

にんにく卵黄でセロトニンを補う

卵がうつ病に効果的なわけ

tamago

卵、特に卵黄には脳内物質に必要なトリプトファンなどのタンパク質が含まれています。

トリプトファンとは必須アミノ酸でタンパク質食品に含まれています。

脳内物質セロトニン、メラトニンなどの材料で、鬱症状の不眠や集中力低下などに効果的です。

ちなみに卵の取りすぎはコレステロール値の上昇につながるため、1日1個の摂取が望ましいとされてきましたが、最近の研究結果からそうした心配はなく、極度の制限をしなくても大丈夫です。

にんにく卵黄が不眠症対策にも効果のある理由

なかなか摂取できない卵黄

1日1個の卵摂取さえも、忙しい現代人や一人暮らしには困難なケースがあります。

卵自体を冷凍保存する事はできないため、どうしても賞味期限が切れてしまったりするわけです。

また、簡単な卵かけ御飯ではアレルギー症状が出ても加熱したり、加工したりすれば症状が出ない人も少なくありません。

その加工する時間がなかなかとれずに、卵を断念してしまう人も少なくないでしょう。

こうしたケースは卵黄をしっかり摂取できるサプリメントを利用するねが一番です

まとめ

現代日本人を襲ううつ病は、日頃の自律神経を整えるケアである程度抑える事が可能です。

それがにんにくや卵黄に含まれている様々な有効成分が効果的に効いてくれるのです。

にんにくと卵黄のそれぞれの力はうつ病の始まりである自律神経失調の症状などを緩和してくれるでしょう。

上手なストレス解消法をゆっくり焦らず見つけてあげる事も忘れずに。

毎日摂取したいものだから、においなどを気にせずに継続しやすいサプリメントに期待したいですね。

にんにく卵黄はにおいがある?においを抑える方法は?

にんにく卵黄には様々なタイプの形状や効果がプラスされています

現代人の心の病「鬱病」対策に効果的な「にんにく卵黄」の購入は、オススメのにんにく卵黄を参考にしてください。

osusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ