痛風対策ににんにく卵黄が良い?原因となる尿酸値を下げる?

贅沢病と言われていた痛風

40eab388ac57eee4f66ff5e36d3eddcf_s

痛風と聞くと「贅沢病」とイメージする人も多いのではないでしょうか?

確かに日本では昔から贅沢病と呼ばれ贅沢な食事ばかりしている人の病気だと言われていました。

というのも痛風という病気は西洋では昔からある病気だったのですが、日本では明治時代まで知られていなかった病気なのです。

 

明治時代以前の日本の一般的な食卓は非常に質素でした。

そこに西洋の文化が入ってきて食卓が西洋化したことにより日本人にも広く見られる病気となったのです。

当時の一般的な食卓からすれば西洋の食文化は非常に贅沢な食事であったので、贅沢な食事ばかりすることで発症する痛風=「贅沢病」と呼ばれるようになったのです。

 

しかし現在では日本の一般の食卓は様々な食文化が融合され明治時代以前の質素な食卓とはかけ離れたものとなりました。

そのため現在では一般的な、それも30代男性を中心とした若い人が発病する事が多くなり「贅沢病」という言葉は適切ではない病気となったのです。

痛風の原因

痛風は血液中の尿酸値が上がることにより関節炎に始まり腎臓障害や尿路結石など様々な症状が現れる病気です。

尿酸はほとんどの食材に含まれるプリン体と呼ばれる成分を人体に取り込む事で生成されます。

当たり前に人体に存在する成分であり、通常であれば体外へと排出され尿酸値が正常範囲内に収まる事で特に弊害はうまれません。

しかしこの排出が滞ったり、排出が間に合わない程の尿酸を生成してしまうことで痛風を発症してしまうのです。

痛風の発症を予防するには

  1. 体内で生成される尿酸量の管理(プリン体の摂取量を管理する)
  2. 尿酸の排出をスムーズにすることで血液中の尿酸値を減らす

上記の二つが予防には効果的であると言えます。

プリン体はほとんどの食材に含まれますが、勿論食材によってその含有量は違います。

肉や魚、特にその内臓に多く含まれています。ですからそのような食材を取り過ぎない事が大切です。

またアルコールにも多く含まれていて最近はプリン体0というビールも売られていますが、その脱水・利尿作用によりプリン体0のアルコールであっても結果として血中の尿酸値が上がりやすくなります。

尿酸の排出をスムーズにするには血液をサラサラに保つということが大切です。

カロリーの取り過ぎや肥満、運動不足などに気をつけることがその第一歩となります。

痛風は男性だけではない!女性のリスクも高まる

痛風といえば、男性特有の病気というイメージが強いのですが、実は女性も発症するケースがあります。

なぜならば、女性の場合、痛風の元になる根源を女性ホルモンにより抑制される事で痛風は免れてきましたが、そのホルモンバランスが乱れると痛風のリスクが高まります。

特に閉経前の更年期世代はなりやすく、仕事のストレスや生活習慣の乱れなどによってもリスクは高まるばかりです。女性が社会進出しはじめ、男性と同レベルで働くようになったこともその理由と言えるでしょう。

ですから、女性も痛風症状が少しでも現れたら内科を受診するのがベストですし、痛風予防もしておくべきです。

もし、会社などで健康診断を受けていれば見落としがちな尿酸値の確認もしましょう。

にんにく卵黄は生理のサイクルを改善

痛風にはにんにく卵黄が有効

痛風の予防には前述したように毎日の生活習慣から見直す事が大切です。

その上でにんにく卵黄をサポート食品として取り入れることで非常に効果的な痛風予防となります。

にんにく卵黄が痛風の予防に効果的な理由には2つあります。

にんにくに含まれる「アホエン」が血栓を防止する

にんにくに含まれるアリシンという成分は加熱されると「アホエン」へ変化します。

アホエンは血栓を防止する働きを持ち動脈硬化を防ぎます。

その働きにより血液はサラサラに保たれ尿酸の排出をスムーズにすることにとても有効です。

ポリフェノールにも血栓を防止する効果が

さらににんにく卵黄には抗酸化成分ポリフェノールも含まれていて、こちらも血栓を防止して尿酸値管理に非常に有効な成分となっています。

にんにく卵黄には殺菌効果と抗酸化作用で免疫力UP効果もある

痛風は現代の日本人、誰しもがかかっても不思議ではない病気です。

贅沢病だから自分には関係ないだろうという認識をもっているとしたら非常に危険です。

正しい知識を持ち日々の予防が必要だという認識を持つことがとても大事なのです。

痛風の代表的な症状!こんな症状が出たら内科を受診すべし!

足の親指付け根の痛みを感じる人がほとんどです。

この痛みは歩行困難なほどに辛いものではありますが、1週間から2週間ほど継続し消失してしまうため、あとは放置してしまう人も少なくないのです。つまり、痛風症状だと思わずに過ごしてしまって悪化するケースです。

この初期症状のうちに医療機関の受診をすれば、今後痛風による酷い痛風発作などに悩まされなくてもすむのです。

病院での検査内容とは

基本的には、血液検査の尿酸値を見れば、痛風なのかは一目瞭然です。

ただ、痛風にも軽度から重症までと程度は様々ですから、場合によっては関節液や、レントゲンなどの検査を要する場合があるでしょう。

その後に、食事などを含めた生活改善のアドバイスなどがあります。

その後の通院検査で尿酸値が平均水準に達していれば完治ということになるでしょう。

ですが、痛風になった人は、なりやすい体質だという事になりますから、再発しないように予防する事です。

忙しくてなかなか病院で検査できない人へ

「痛風=忙しい生活を送っている人」といっても過言ではないでしょう。

ほとんどの医療機関が平日診療ですから、なかなか検査するタイミングがないともいえますね。

そんな時は、痛風にかかわる尿酸値を含む検査可能なキットが販売されています。

有効に利用して早めの対策を講じましょう。

また、たとえ、検査は陽性であったとしても、暴飲暴食やビールを飲む機会が多いならば、痛風予備軍として日頃から尿酸をためないような生活をおくるべきです。

なんの病気もですが、発症してしまってからでは改善にも時間がかかります。

にんにく卵黄で、痛風にならない体質づくりを目指しましょう。

痛風の尿酸値改善にオススメのにんにく卵黄

damagold

痛風の原因である尿酸値の改善が期待できるにんにく卵黄は、にんにく玉本舗のにんにく玉ゴールドです。

にんにく玉ゴールドはカプセルタイプのにんにく卵黄と違い、低音で加熱したにんにく卵黄を練り上げてつくる昔ながらの伝統製法でつくっています。

そのため、尿酸値の改善に効果的な成分であるアホエンが多く含まれており、痛風改善にはもってこいの商品だと言えます。

にんにく玉ゴールドの詳しい解説はこちらのページでしています→にんにく玉本舗のにんにく玉ゴールドの効果と口コミ

公式サイトへはこちらからご覧ください→にんにく玉ゴールドの公式サイト

また、にんにく卵黄の総合ランキングも発表していますので、ぜひ参考にしてください。

osusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ