にんにく卵黄は授乳中に食べてもOK?母乳に及ぼす影響とは

bonyuu

口にする物には何かと気を使わなければいけない授乳中。

お母様が食べたり飲んだりしたものは、赤ちゃんにもそのまま影響を及ぼしますので、胎児の事を考えると、薬なども下手には飲めません。

そんな授乳中ですが、健康や美容に効果の高い“にんにく卵黄”の場合、授乳中も食べて良い物なのか悩まれる方は少なくはないようです。

結論から言いますと、多くのにんにく卵黄食品は、授乳中に飲んでも問題ありません

何故問題がないのか、その理由をいくつかご説明していきます。

にんにく卵黄は自然派由来の商品だから摂取しても問題なし!

にんにく卵黄の基本原材料は、にんにく

その為、アレルギーなどが無い限りは、基本的に食べても全く問題ありません。

サプリメントタイプなどになっているものの中には、カプセルの成分が胎児に良くない場合もあるようですが、にんにく玉ゴールドなど、素材をそのまま固めたものなどであれば、基本的に何の問題もないでしょう。

授乳中のお母様だけではなく、妊娠中のお母様、小学生のお子様などでも安心して摂取出来るでしょう。

妊娠中のつわりがひどい時に、サプリメントタイプの臭いが無い商品を飲む方も居るようです。

妊婦でも飲める?安全なにんにく卵黄

原材料が国産ではない物には注意!

にんにく卵黄は授乳中に摂取しても基本的に問題はないですが、原材料が商品出荷元が日本ではない場合や、やたら商品価格が安い物には注意が必要です。

何故かというと、国産ではない物は、農薬残留値のチェックが甘く、基準値を超えている可能性が大きい為、体内に少しずつ蓄積して母体に影響を及ぼす可能性がある他、胎児にダメージを与える可能性がないとは言い切れません。

国産で無い物は全てダメという訳ではありませんが、商品を選ぶ際の一つの基準として、頭に入れて置いた方が良いと言えるでしょう。

心配な場合は、販売会社に問い合わせを行いましょう

商品を購入する前に、授乳中でも飲むことが出来るか確認を行うことが大切ですが、今現在にんにく卵黄を使用している方の場合でも原材料や販売元に少しでも不安が残るようでしたら、一旦使用を中断し、販売会社に問い合わせを行いましょう。

万が一体に異常が出てきた場合は、一刻も早く医師に相談するように心がけて下さい。

医師に相談をする際には、商品をそのまま持って行くと診察がスムーズになるでしょう。

母体に影響が出た時には、胎児にはより深刻な影響を及ぼしている可能性があります。

取り返しが付かなくなる前にも、事前に商品に関しては問い合わせを行うようにしましょう。

授乳期はママの疲労がピークに達してしまう時期

プリント

赤ちゃんが生まれてホッとするのもつかの間、産後は睡眠不足との闘いになります。

特に、生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、まだ飲むペースも定まらず、数時間おきに母乳を与えなければなりません。

そんな時に、産前産後の疲れがたまりやすくなり、体調をくずしてしまうママが少なくないのです。

元気に子育てするためにも、良質な食事で体力をつけ、健康に過ごしたいものです。

また、授乳期にかぎらず、妊娠、出産を経た女性の身体はホルモンバランスの変動、真最中ですから、自律神経のも乱れやすく、産後鬱 状態になる女性もいるのです。

産後の体温調節機能がうまく機能しなかったり、気持ちの浮き沈みが激しかったりするのはすべてホルモンバランスや自律神経の乱れです。

にんにく卵黄はこうした授乳期や産後の自律神経のバランスを整える効果もあるのです。

実はにんにく卵黄は自律神経にも働きかける効果アリ!その秘密とは?

多くの商品は、安心して摂取することが出来ますが、中には気をつけなければいけない商品も存在します。

にんにく卵黄は健康維持や疲労回復、体力増加などにはもってこいの商品ですので、商品の選び方にだけ注意をして、こまめに摂取することをオススメします。

授乳中でも安心のにんにく卵黄を選ぶためには…予め商品をチェックしておくことが大切です!

にんにく卵黄を摂取する前には、入念な下調べを行うように注意しましょう!

にんにく卵黄で疲労回復を目指す!

授乳に必要な葉酸もたくさん配合されているにんにく

厚生労働省は妊娠前や妊娠初期に葉酸というビタミンB群の摂取を推奨しています。

葉酸を取り入れる事で胎児の先天性異常対策や、良質な血液をつくる事ができるのです。

この葉酸はほうれん草やブロッコリーなどの緑野菜や、豆腐などの大豆類、レバーなどに含まれています。

にんにくにも豊富に含まれているためぜひ、にんにく卵黄サプリで摂取してほしいと思います。

この葉酸、実は良質な母乳を作り出す過程にも関係しているのです。

ですから、産後もにんにく卵黄を継続すれば葉酸も取り入れながら栄養豊富な母乳を乳児に与える事ができるでしょう。

妊娠糖尿病だった方への予防策としても!

妊娠中の病気として知られる妊娠糖尿病は妊婦さん特有の病気で、産後は、ほとんどが改善すると言われています。

ですが、まれに、高血糖の症状が残ったり、将来的に生活習慣病である本格的な糖尿病リスクを背負ったりする確率が高まりるでしょう。

そうした妊娠糖尿病を患ったママはにんにく卵黄でしっかり対策できるでしょう!

早めの対策をとらなければ、中年期に再発し、ひどくなる確率も高いのです。

糖尿病の改善にはにんにく卵黄がおススメ

産後だからこそ、栄養バランスを考えたい!

産後の授乳期は、忙しさや疲れにより、自分の食事をバランス良く作れないものです。

栄養価の高い母乳を出すためにも、食事はしっかりとりたいものですが、難しい場合は国産で安全なにんにく卵黄をとりましょう。

授乳期のママにとって強い味方になるはずです。

⇒授乳期の栄養補給にぴったりのにんにく卵黄はこちらから

osusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ