二日酔いにも効果的、にんにく卵黄の成分とは?

0a6139ff250583c1c3bad2895b7f1706_s

つらい二日酔い、症状に個人差はあるものの、後で非常に後悔するお酒の飲み方ですね。

しかし、にんにく卵黄の摂取で、このつらい二日酔いを軽減することができるのです。

二日酔いになる人は、肝機能が関係

お酒を飲みすぎた翌日になって、頭が痛い、吐き気がする、胃の不快感など、全身の様々な症状を伴う二日酔い、倦怠感も重なって、非常に厄介な状況です。

この二日酔いは、摂取したアルコールの量が肝臓で処理する能力を超えていたり、肝臓が処理する能力を超えて大量にアルコールを摂取し続けてしまうことでなってしまう症状です。

人によって二日酔いの症状や重さは異なりますが、しばらくの間はしんどい時間と戦わなければならず、とてもつらいものです。

しかし、にんにく卵黄を事前にあるいは定期的に摂取していることで、この嫌な二日酔いを防止したり、軽減したりすることができる事がわかっています。

にんにく卵黄は肝臓機能を助ける!?肝臓との関係を詳しく解説

にんにく卵黄のどんな成分が二日酔いに効果を発揮するのか

yopparai

にんにく卵黄の原料である、にんにくには、独特のにおいがあります。

このにんにく独特のにおいは、アリシンという物質がもとになって作りだされているもので、このアリシン、実は肝臓をきれいにしてくれるという働きがあるのです。

にんにく卵黄の万能成分アリシンの驚くべき力

にんにくにはアリシンのほかにも、アリインという成分が含まれていて、このアリシンとアリインという物質は、肝臓のデトックスを行うという役目があります。

肝臓内にたまってしまった余分なものや老廃物を、体外に排出し、肝臓が本来の活動をしやすいようにする効果があるのです。

また、にんにく卵黄にはメチオニンという成分も含まれていて、メチオニンは肝臓の解毒作用の機能を向上、促進する大切な必須アミノ酸の一つなのです。

同時に血中コレステロール値を正常な状態に保つ働きもありますので、アルコールの量が大量であるような場合にも、肝臓の働きを保ち、活動を維持する効果があります。

これらの成分によって、お酒をたくさん飲みすぎた様な時にも、翌日二日酔いになることも少なくなり、症状も大幅に軽減することができるのです。

二日酔いにはにんにく卵黄を飲むタイミングも重要です

kanpai

にんにく卵黄によって、二日酔い防止をしたいのであれば、お酒を飲み始める約6時間前くらいに、にんにく卵黄を摂取しておくと良いかもしれません。

にんにく卵黄を事前に摂取することで、肝臓の機能や働きが促進し、アルコールが体内に入って来てもスムーズに処理できる環境を整えることができます。

 

お酒を飲むという楽しい時間を過ごしていると、ついつい飲みすぎて翌日は二日酔いという経験は誰にでもある事です。

しかし、にんにく卵黄で二日酔い対策をしてからお酒を飲めば、お酒とともに楽しい時間を過ごした翌日も、またスッキリとした一日が過ごせるようになるかもしれません。

今よりも楽しくお酒を飲み、翌日もしっかりとした日を過ごすため、お酒を飲む機会があるときには、ぜひ事前ににんにく卵黄を摂取しておき、楽しくて後悔のないお酒を満喫しましょう。

osusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ